第2回全学シンポジウム「女性がつくるアジア人文学」を開催します

人社未来形発信ユニット主催による第2回全学シンポジウム「女性がつくるアジア人文学」を2019年8月23日に開催いたします。多くの方のご参加をお待ちしております。

人社未来形発信ユニット 第2回全学シンポジウム

女性がつくるアジア人文学

2019年8月23日(金) 13:00-17:30 (開場12:30)
京都大学国際科学イノベーション棟5階 シンポジウムホール [地図]
参加費無料
事前申込制:下記フォームからお申し込みください
https://forms.gle/URBvk75r13SaXPyX7

大学で研究・教育に携わる女性たちが集まり、アジアの現代社会に潜むジェンダー関連の諸問題を明るみに出し、分析します。非西洋的な伝統をもつ社会の課題に切り込むには、非西洋起源の知が必要ではないか。家庭と大学を生きる女性研究者の視点から、アジア人文学という知の可能性を探ります。提題内容については、こちらをご覧ください。

プログラム

13:00-13:05 開会の辞:上原 麻有子 文学研究科教授
13:05-13:15 開会挨拶:稲葉 カヨ 理事・副学長(男女共同参画・国際・広報担当)

第一部 アジアの女性研究者による提題

13:20-13:50
Kim Heisook 梨花女子大学総長
“Digital Revolution, Humanities, and Asian Women Subject”
英・日語通訳:ギブソン松井 佳子 神田外語大学教授

13:55-14:20
三成 美保 奈良女子大学副学長・日本学術会議副会長
「アジアから問うジェンダー史 — 新しい世界史を目指して」

14:25-14:50
落合 恵美子 文学研究科教授
「女を生きる/社会理論をつくる — アジアの家族主義に抗して」

14:55-15:20
西郷南海子 教育学研究科博士後期課程
「子育てという現場から考える、アジアの民主主義と教育」

第二部 提題者とコメンテーターによる総合討論

15:30-17:20 座長:上原 麻有子
提題者:Kim Heisook、三成 美保、落合 恵美子、西郷 南海子
コメンテーター:桑山 裕喜子(ヒルデスハイム大学博士課程)、Jin Y. Park (アメリカン大学教授)、村瀬 雅俊(基礎物理学研究所准教授)
英・日語通訳:ギブソン松井 佳子 神田外語大学教授

17:20-17:30 閉会の辞:湊 長博 プロボスト・理事・副学長

主催:人社未来形発信ユニット
お問い合わせ:人社未来形発信ユニット ukihss@bun.kyoto-u.ac.jp

追記:当初、村瀬雅俊先生のお名前に誤記がございました。村瀬先生にはたいへん失礼いたしました。お詫びして訂正いたします。(8月2日)